木造用構造計算ソフトKIZUKURI

軸組工法 木造建築構造計算プログラム
『KIZUKURI』 『KIZ-run』(構造図作成) 『KIZ-sub』(基礎他)

「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2001年3版)(2008年版)」(標準的な仕様)対応
販売価格¥472,500(本体価格¥450,000) (操作に対する電話・FAX・E-Mail でのサポートを含む)

特徴

構造計算書の作成と計算結果から構造図ファイルを自動作成 !
梁伏図CADファイル出力例
梁伏図CADファイル出力例
基礎詳細CADファイル出力例
基礎詳細CADファイル出力例
直感的グラフィカル・インターフェースで操作が簡単!入力ミスの防止!
入力画面/荷重負担伏図
入力画面 荷重負担伏図
根太床と根太レス床に対応した荷重拾いを自動計算!
2次部材・基礎計算プログラム『KIZ-sub』(画面1は、べた基礎入力画面)
データ管理・構造図作成プログラム『KIZ-run』(画面2は、メニュー画面)
画面1
画面1
画面2
画面2
申請図書の簡素化に伴い『概要書』出力の(構造上の特徴)(構造計算方針)(適用する構造計算書) (使用プログラム概要)(地盤・基礎説明書)(荷重分布図)(応力図)(柱・梁検定一覧表)(検定比図) を計算書内に出力
概要書文面記述 画面
概要書文面記述 画面
検定比図 出力例
検定比図 出力例

適用範囲

  • 軸組工法(平屋、2階、3階建て住宅)および1階がRC・S造で2〜3階が木造軸組工法の混構造住宅
    (※1)の木造部分の構造計算を行います。法第20条第2号,第3号,第4号対象
  • 平面の通り軸数は、X・Y方向とも90通り(89グリット※2)まで使用出来ます。
  • 令第81条第2項2号イ(層間変形角・剛性率・偏心率)に対応します。

※1 混構造2・3階建て住宅のRC・S造部分の計算は含まれておりません。
※2 グリット間隔は、1〜5000(mm)の範囲で任意に指定できます。 斜めの通りには、対応しません。

動作環境

  • パソコン MS-Windows Vista/7(32/64bit) が動作するパソコン

上記仕様は、予告無しで変更される場合が有りますので、ご了承下さい。